齋藤健一の交通安全講座

『ミスをすれば死ぬ!』

スタッドレスタイヤには早めに交換しよう!

 私は神奈川県の湘南地域という、海沿いの地域の住民です。まあ、なので、雪の心配はほぼありません。

 

 今迄の経験では、数年に一度、うっすらと雪が降る程度ですね。勿論、雪が降らずとも、路面が凍結することはあるので、やはりスタッドレスは、私は重要だと思います。

 

 まあ、愛知県辺りまで行くと、分かりませんけど、静岡県辺りまでなら、やはり沿岸部だとしても、しっかりとスタッドレスタイヤを履いていた方が良いと思いますよ。

 

 勿論、オールシーズンタイヤでもいいと思いますよ。ただ、やはり凍結路面での性能は、スタッドレスタイヤの方が遥かに優秀だと思います。なので、やはり私は、冬は、スタッドレスタイヤに履き替えるべきだと思います。

 

 そんなに面倒ですかねぇ?私はタイヤが好きなので、一年の内、異なるタイヤに履き替えられるというのは、それは喜びでもあるのですが。タイヤ交換も、ホイールからタイヤを一々外すとかはしませんよ。ホイールにタイヤが装着された状態で保管してあるのを装着するだけです。なので、簡単です。

 

 まあ、店に持って行ってタイヤ交換してもらう場合は、ルーミーの荷室を広げる作業が面倒ですが。それで、履き替え終わった後、取り外した夏タイヤを洗って乾かして仕舞う作業は、まあ、面倒ですよ。まあ、でも、それも全て合計で2時間程度で終わりますから。

 

 最近のスタッドレスタイヤは、そんな易々と削られないので、長く持ちます。今、私はルーミー用にグッドイヤーのアイスナビ8を履いています。グッドイヤーのスタッドレスの最新型ですね。でも、一つ前の型のアイスナビ7でも、十分な性能があると思います。アイスナビ7で、軽自動車が雪道でもグイグイ進んでいく動画をユーチューブで観たことがありますから。

 

 とにかく、冬場、ニュースで観ませんか?凍結路面で滑ってトラックとか自家用車が横転したという映像を。あんな風になりたいのですか?

 

 とにかく、型落ち品でもいいのです。ブリジストンの最新型のVRX3はめっちゃ高いのですが、一つ前の型のVRX2なら安いのです。VRX2が最新型の時はめっちゃ高かったけど、型落ち品となった今、めっちゃ安くなっています。でも、性能は同じです。なので、型落ち品でも十分な性能があるのです。

 

 なので、是非、冬場はスタッドレスタイヤに履き替えてください。東京都とか神奈川県の住民だとしても、スタッドレスタイヤを履いておれば安心です。

 

 そして、履き替えるにあたり、冬ギリギリっつーか、冬に突入後に履き替えるようなことはしない方が良い。なぜなら、皆さん、普段は働いていますよね?で、タイヤの履き替え作業は、自力でするにしても、店に依頼するにしても、休日にしますよね?仕事で疲れて帰宅後にはしませんよね?

 

 で、タイヤ交換には、それなりの時間を取られます。そして屋外作業となります。中々、広い屋根付きガレージの中で、雨風を凌いで全ての積み込み作業と積み下ろし作業を完結できるという作業環境の人は少ないと思います。

 

 で、私は11月の半ばには、スタッドレスタイヤに交換しました。なぜか?その時期は、まだまだ暖かくて、まだスタッドレスタイヤは不要でした。神奈川県なら、11月に路面凍結する心配はないし、まして雪が降る心配はないのです。では、なぜ私は11月中にスタッドレスタイヤに交換したのか?

 

 それは、ズルズルと後回しにした結果、タイヤ交換をしようと思った時、その休日に、豪雨とか雷雨だったとしたら、とてもじゃないが、タイヤの積み下ろし作業とかは出来ないからです。そう、やれる時にやるのです。

 

 で、「まあ、今週は雨なので無理か。じゃあ、来週にするか」と先延ばしにして、また次の土日も雨だったら・・・そしてとうとう、路面凍結するようになってしまったら・・・夏タイヤのままなので、事故ってしまうかもしれない・・・。

 

 だから、私は早めにスタッドレスタイヤに交換しました。今時のスタッドレスタイヤは、気温がある程度高い状態で乗っても、特に問題はありません。余裕で止まる。夏タイヤと一緒に感じます。そりゃ、真夏の気温は別ですが、11月の神奈川県沿岸部の気温程度なら、余裕で夏タイヤと同等の性能を発揮出来ます。まあ、スポーツ走行なんて一切しませんから、限界域での違いなんて知りませんが。

 

 だから、神奈川県の沿岸部の住民だとしても、出来れば、11月中に交換しておいた方が良い。あと、スタッドレスタイヤ自体を買いたい人の場合、やはり早めに交換しないと、売り切れてしまっているという事態も考えられます。だから、何事も早め早めが良いでしょう。

 

 そんな、そんな極度にタイヤの擦り減りまで考慮に入れなくてもいいと思うよ。そんなに最新のスタッドレスタイヤは削れないから。もう、めっちゃ進化していますから。なので、早めにスタッドレスタイヤに交換したとしても、そんなにガリガリ削れて直ぐに交換せねばならなくなって、結果的にお財布に厳しくなる、というような事態にはならないよ。

 

 なので、早め早めに動きましょう。それに、都市部在住の人でも、もしかしたら、箱根の雪道とか行くことがあるかもしれないしな。絶対に雪道には行かない、なんて、なぜ断言できようか。雪がある地域への、何かの用事が出来るかもしれないから。

 

 ちなみに、スタッドレスタイヤを購入するのなら、ネットで買って、近くのタイヤ交換サービス提供店に直送か、持ち込むのが良いと思いますよ☆

 

 以下、ネットでタイヤを買えるサイト↓

 

 

www.saitoukenichi74.com

 

 で、新品のスタッドレスタイヤだろうが、中古のスタッドレスタイヤだろうが、最初は、タイヤの表面に、何か油が付着しているらしい。その油はタイヤのゴムを柔軟にさせる為の成分とかなんとか。そんなことを、あかでみっくモーターカレッジというユーチューブチャンネルの動画で学びました。なので、その部分を100kmとかかな、それとも50kmかな、その程度の距離を走行して削る必要があるらしい。だから、それも含めて、早めにスタッドレスタイヤに交換しておきましょう。

 

 滑ってから後悔しても、もう遅いよ、君。保険の等級が三等級も上がっちゃうかもね。

 

 スタッドレスタイヤこそ、本当の意味での『滑り止め』だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンダーコート〔錆止め〕加工をしよう!

 たまに、錆だらけの車がいますよね。まあ、ボディの塗装が剥がれて、赤茶色の錆が発生しているという。

 

 それはみっともないです。まあ、私が今回したのは、アンダーコート、つまり車体の下の錆止めです。

 

 あとはハブの錆止め。ハブというのは、タイヤを外した部分ですね。ここが錆びると、みっともない。

 

 なので、今回、イエローハットで、アンダーコートとハブの錆止めをしました。

 

 新車で買ったルーミーなので、買った直後、やはりアンダーコートはしました。イエローハットで。ただ、アンダーコートの効果は一年しか持たないので、約一年後の今回、またしました。

 

 ハブの錆止めは、約八か月位前、タイヤフェスタというタイヤ交換専門の店にてスタッドレスタイヤに交換した時に、追加注文でしました。

 

 なので、ハブも、アンダーコートも、まだ錆びてはいないです。ただ、スチールホイールは錆びが発生していますが。

 

 まあ、新車は、何もせずとも、数年は綺麗ですが、やはり住んでいるのが海沿いの地域なので、錆は心配ですから。

 

 アンダーコートをする前には、洗車をしました。下側を洗車しました。洗車機で。自ら洗車するのは面倒だからしません。そこまで車に時間を費やせませんから。

 

 皆さんも、自家用車を錆びさせたいのならアンダーコートも何もせずともいいと思いますが、もしも錆びたら嫌なら、新車の時点からしっかりと対策をしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂道駐車時は、輪止めを使用しよう!

 坂道駐車時は、MT車なら、平地と下り坂においてはバック、上り坂では一速に入れるのが、正しいギアの位置らしい。

 

 そしてAT車なら、まあ、CVT車もそうだが、普通にパーキングに入れるのが正解とのことだ。

 

 でも、それだけだと心配なので、輪止めを使用しよう。

 

 一応、それでも坂道をズルズルと下がっていってしまう心配があるので、タイヤの方向を壁側にしておけば、万が一滑り出しても、壁にぶつかって下までいかないので、安心とのこと。

 

 まあ、でも、俺は流石にそこまではしないが。普通にタイヤは前向きなのだが。

 

 それよりも、輪止めを使用しよう。輪止めがあれば、何とか止められるであろう。

 

 ただ、それだけです。正直、坂道駐車自体、あんまりしたことがない。そもそも、そんな危ない箇所に駐車する趣味はない。そんな危険な地帯に駐車したくはない。

 

 だが、将来のことは分からない。どうしても坂道に駐車しなくてはならない時が来るかもしれない。だから、その時の為に、車に輪止めを載せておこう。

 

 あと三角停止版もな。確かに、コンパクトカーだと、荷室が狭いので、それらに容量は使いたくはないだろう。しかし、最低でも三角停止版だけは載せておけよ。

 

 

 

タイヤの増し締めは重要だ!

 タイヤ交換をした後、約100km程度走行した後、増し締めをすべきだと、そういう情報がある。

 

 事実、以前、私はタイヤ交換をした後、その程度の走行距離の後、ナットを増し締めしたら、けっこう緩んでいた。

 

 まあ、今回は、イエローハットでタイヤ交換をして、その時に作業員さんが、トルクレンチでしっかりと締めてくれたので、今回、私が約数百キロ走行後に増し締めしてみたら、全く緩んではいなかった。

 

 でも、一応、オートバックスとかイエローハットでタイヤ交換した後であっても、確認の為に増し締めしてみたらどうだろうか?

 

 勿論、本人が自己流でタイヤ交換したら、その後、ナットが緩まっている可能性は高い。

 

 で、走行途中に、ナットが緩んで、タイヤが脱輪するという、最悪な事態に発展するかもしれない。

 

 まあ、脱輪する前に、ガタガタというような違和感を感じるかもしれないが。正直、タイヤが外れる寸前の違和感は体感したことがないので分からないが。

 

 とにかく、増し締めは重要だから。俺のルーミーのタイヤはホイールキャップが付いているので、そのホイールキャップを外す為に、ルーミーに車載の器具を使って外したけど、ホイールキャップを外すのはけっこう大変だ。よく分からなかった。

 

 でも、何とか外せました。変な外し方をすればホイールキャップを傷めてしまうので、気を付けよう。やはりネットで外し方を調べてからにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四皇『老害海賊団』③

 マジで老害の災難は、今後も続く。沢山の命が老害により絶たれるであろう。

 

 老い先短い奴が運転する車が、まだまだ生きられる若い命を奪い続けるのだ。

 

 そして老害には、特にお咎めはない。老人割引で執行猶予がつく。若い連中が同じ被害を与えれば懲役刑で強制労働だが、老害は体がヨボヨボなので、特に何もしなくてもよい。てか、そもそも刑務所側も、そんなヨボヨボを引き取っても、介護職員じゃないんだから、面倒を見られない。だから受け入れませんから。

 

 なので、人を轢き殺しても、赤い保留玉とか、レインボーの保留玉並の超高確率で執行猶予がつき、自宅で息を引き取ることが可能となっております。賠償金も、払わずに逃げるということが、この日本国では可能となっております。

 

 終わってんな。マジで。Ω\ζ°)チーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 マジで老害は怖い。何が怖いって、自分自身のことをちゃんと把握できなくなっていることが一番怖いよ。

 

サイゼリアの領収書

 

 31歳の母親と3歳の娘を轢き殺した飯塚幸三は、87歳で脚が上手く動かせなくて、医者からも「もう絶対に車を運転しないでください」と忠告されていたのに、自分で車を運転して死亡事故を起こしました。

 

 しかも、交通量が少なくて単純な道が殆どな山梨県にある田舎のレストランとかじゃなくて、日本全国でも屈指のすし詰め状態、ぎゅうぎゅう詰めの運転は超難関地帯の東京都の池袋なんかに行きました。マジでアホ。

 

 フレンチレストランのランチに妻と行くのは自由ですよ。でもね、超金持ちなんだから、普通にタクシーを使えよ。タクシーは待たなくてはならないので嫌だった、みたいに言ったらしいが、その結果、若い命が二名殺されたのだが。しかも、母親からも、また新たな命が生まれたかもしれないし、娘さんも将来結婚して子孫が続いて行ったかもしれないのに。

 

 マジでやばいよな。美味しんぼの栗田ゆう子を幼い時に老害が轢き殺していたら、山岡士郎も結婚できていなくて、子孫も生まれていなかっただろうなあ。

 

 老害による[子孫切断]マジで怖い。殺人鬼だな、こりゃ。

 

 タクシーに乗っておれば、仮にタクシーが事故っても、それはタクシーの運ちゃんの責任だったのになぁ。タクシー代なんて、飯塚家にとってみれば、余裕で出せたのにな。

 

 マジで、近所のサイゼリアで良かったんじゃねーのか?わざわざ遠出してまでフレンチレストランに行くって、猶更、タクシーを使えや。

 

 マジで馬鹿。エリート官僚だった男の脳味噌も、加齢には勝てずに、自分自身を含めた状況判断を冷静に下すことは出来なくなっておりました、とさ。お終い。

 

 まあ、東京拘置所にいるという噂がネット上に流れておりますが。本当かな?まあ、拘置所だとしても、刑務所だとしても、服役中に〇んでくれや、飯塚幸三よ。

 

 マジで二人も若い命を殺したのだからな。事故だからしょうがない、とは言えない。なぜなら、鹿が急に飛び出してきた!とかの理由で起きた事故ではなく、明らかに飯塚幸三の危険運転が100%の原因で起きた事故だからだ。

 

 なので、その責任は100%、10割、老害の飯塚幸三にあるからな!

ヨークマートに置いてあったダイレクト型自動車保険のチラシ。

 

 オッス!オラ家康!でぇじょーぶだ!元気玉!界王拳20倍だ!かめはめ波ー!!

 

 ツー訳で、ワシがこの前行ったヨークマートっつー、イトーヨーカドー系列のスーパーマーケットに置いてあった、ダイレクト型の自動車保険のチラシを持ち帰って来たので、それを晒します。

 

 まあ、まずはチューリッヒの自動車保険単体のチラシですね。チューリッヒは外資系ですけど、とにかく、外資系だろうが、国内企業だろうが、とにかく、マジで、対人・対物無制限補償には加入せよ!別に外資だろうが同じサービスを受けられるから。

 

 まあ、とにかく、安上がりなところに加入せよ。勿論、保険会社毎に、金払いの良い保険会社もあれば、金を支払うことを渋る企業もあるらしい。でも、とりあえず、対人・対物無制限補償に加入しさえしておれば、その企業は、加入者が事故を起こした時、保険金を支払う義務が発生する。だからこそ、とりあえず、どこかしらの自動車保険に加入しておけ。これはバイク保険も同様だからな!

 



 

 

 

 

 

 

 まあ、マジで、ダイレクト型は安いからな。

 

 んで、もしもお前さんが今から自動車保険・バイク保険に加入するのなら、今直ぐ加入できるところとして、こちらを推奨しますよん❤

 

www.maisonikkoku.jp

 

 もう一度言う。このリンク先にあるダイレクト型の自動車保険・バイク保険より、必ず加入せよ!

 

www.maisonikkoku.jp

ワシが加入中の三井住友海上の連絡用紙。

 

 どうも、徳川家康です。

 

 ここで、ワシが今、加入中の自動車保険をご紹介します。

 

 それは、三井住友海上の自動車保険です。まあ、これは前述の通り、ダイレクト型ではなく、代理店型ですね。

 

 まあ、少々高かったけど、まあ、いいか。とにかく、自動車保険に加入し、しっかりとした補償内容で、万が一の事態に備えておく、ということが重要なんじゃよ。

 

 とりあえず、お前らも、この保障内容と同程度の補償には、必ず加入せよ!

 

 

 

 

 

 

 

 分かりますたか?必ず対人・対物無制限補償には加入しろよ!

 

 じゃないと、人生破滅するからな!リスクヘッジは必ずちゃんとしろ!

〔🖥️家康ダイレクト💻〕とは?

 どうも、徳川家康です。

 

 

 あ~、そうね、ワシの人生ね、波乱万丈っつーかね、危機の連続でしたね。今、そこにある危機っつーかね。マジで、いつ死んでもおかしくはなかったよ。

 

 まあ、最終的には死んだとげさ。そりゃ、人間なので、いつかは必ず死ぬよね。

 

 でもね、人生の途中、途上の、まだやり残したことがありまくりの段階で死ぬっつーのは、そりゃ、無念だよね。人間、やっぱ、ある程度まで何かしらをやり遂げてから死にたいよね。まあ、自殺志願者は別として。

 

 その点、ワシは、満足のいく段階まで生きられたので、良かった。

 

 最初は今川の人質になって今川軍の一員だったけどさ、桶狭間で織田殿が今川義元を討ち取ってくれてさ、それで独立できたよね。その後も武田信玄が攻めてきたよね。で、信玄に三方ヶ原でボロ負けして、浜松城に逃げ帰った。そこで、中に戦力はもう残っていないのに、門を全開にし、あたかも中に大戦力が残ってますよ、みたいな感じを醸し出したら、勝手に武田の兵が退却してくれたよね。で、その後、なんか勝手に信玄が病死しちゃったんだよね。で、武田軍は退いて行きました。

 

 まあ、その後、織田殿と一緒になって武田を滅ぼしましたけど。勝頼の時ね。まあ、なので、守るべき時は守る。攻めるべき時は攻めるということですね。

 

 で、その後、織田殿が本能寺で明智光秀の謀反で死にましたけど、その時も、少数の味方しかいないのに敵地に取り残されてさ、必死の思いで自分の領地まで伊賀越えで山越えして、這う這うの体で帰りました。

 

 んで、なんか知らねーけど、その後、織田殿の家臣の羽柴秀吉とかいう糞野郎が、なんか勝手に織田家を乗っ取ったっつーか、なんか下に見て、滅ぼすような形になっちゃったよね。てめーを見出して、取り立ててくれた恩義のある家じゃねーのかよ!んで、見るも無残な姿に、織田家、なっちゃったよね。ありゃ、見てられなかったよ。ひでーよな、あの秀吉とかいう農民上がりのクソ野郎は、マジで鬼畜だよな。

 

 んで、なんかその後、秀吉にワシの領地が攻められましたけど、必死になって守りました。そうしたら、なんか秀吉の母親をこっちに送ってきたりしてさ、いらねーっつーの!てめーのババアとか勝手にこっちに送ってくんじゃねーよボケ!まあ、その時点では、向こうの方が力が上だったので、黙っていたけどさ。

 

 んで、その後、しぶしぶ秀吉に従ったよ。そう、あいつが死ぬまで、ひたすら我慢さ。で、小田原攻めとかしてさ、なんかあの糞野郎が先に天下人になっちゃったけどさ、まあ、あんな乱暴なやり方では、誰も付いて行かねーっツーの。朝鮮出兵とか無茶苦茶な暴挙もするしさ。

 

 んで、なんか、もう寿命が到来して、最後の方は本当にボケジジイになっちょったよな。まあ、勿論、まだ生きてっから、表面上は、心配しているふりをしていましたよ。でも、心中では、「早く死ねよこいつ、てめーが死んだ瞬間から、てめーの家、滅ぼす策略を実行に移してやっからよ、ヒヒヒ」と笑ってたよね。

 

 んで、糞ジジイが死んで、ワシが200万石の最大勢力になったから、とっとと江戸幕府開いたんよ。秀頼とかまだガキだし、無力だし。今しかないっしょ、天下人になる機会は!で、急いで動き出しましたよ。

 

 んで、まあ、大坂の陣で豊臣を、遂に滅ぼすますた☆やったー☆あの糞ジジイ、死ね!ああ、もう死んでっか!アハハ!(^^)!ざまー味噌漬け!

 

 んで、まあ、秀忠とか家光とかいるっし、まあ、徳川家の基盤を盤石にしたわ。とにかく、謀反を起こされて徳川幕府滅亡とかにならんように、なるべく江戸幕府が長持ちするよーに、リスクヘッジを徹底したね。

 

 見せしめの意味で、豊臣方の武将だったのに、徳川側についてくれた福島正則も改易したしな。まあ、城の補修は全て幕府に届け出ねばならないという決まりがあったけど、アイツが勝手に少し城の補修したから、それにイチャモンつけて、見せしめの意味で福島家を潰したわ。それで、外様大名共はビビって、もう徳川には歯向かわなくなるという算段だよね。

 

 まあ、あの天下を狙っていた伊達政宗も、最後の方はワシらに服従したしな。これで安心じゃ!リスクは徹底的に、極限まで減少させますた☆

 

 まあ、最終的には幕末に幕府は滅亡したけどさ、よく持ったと思うよ。まあ、あの時以降は、ちと無理っしょ。西暦1900年になっても、まだ江戸幕府っつーのは、無理があるよな。その場合、銀魂の世界みたいな感じかなー?まあ、だから、江戸幕府が滅亡しちゃったのは、しゃーない。260年、よく持ったよ。限界まで持ちました。

 

 ま、こーいうふうに、リスクを徹底的に減らす努力をすることは、理に適っておる。参勤交代とかも、街道沿いの経済活性化と共に、地方の大名が金を必要以上に溜め込まないように、との警戒心からだからな。

 

 まあ、ワシが築き上げた仕組みの話はこれくらいにしておいて、ワシが憤慨しておるのは、現代日本において、あまりにも、バイク乗りや自動車乗りの奴等の中で、無保険で走行している奴等が多いっつーこっちゃ!勿論、自転車保険もそうだが。

 

 マジで、何考えてんの、無保険の奴って?意味不明。恐ろしくねーのかな?賠償金地獄に陥るのは目に見えているのに。 

 

 本当にいいのか?もしもの時、「無い袖は振れねーよ」の精神で、本当に逃げ切れると思っているのか?多分、老人なら貰っている年金から強制的に賠償金を引かれるし、サラリーマンなら、非正規だろうが正規だろうが、強制的に給料から引かれるよな。

 

 年金や給料が支給された後に、本人が自主的に遺族や被害者本人の口座に毎月決まった額を振り込む形ではなく、多分、きっと、振り込まれる前の段階で、もう既に賠償金は引かれているのではないだろうか?

 

 よく知らねーけどさ。つーか、自転車も、なんか小学生のガキが、歩道を突っ走っていて、ババアに激突して、そんでそのババアを寝たきりにしてしまい、賠償金9000万円の支払い命令!とかいう事例があるっつーじゃん。マジでアホだよな、無保険の奴等って。

 

 マジで、その脳みそ、どーなってんの?どーいう精神構造なんすかね?頭の中、脳味噌が詰まっているのではなく、ネジやボルトでも詰まってんのかな?ウンコでも詰まってんのか?便秘で体内に溜まった糞が、逆流して頭蓋骨の中に流入してんのか?マジで意味不明だわ。

 

 まあ、前置きはこの位にしておいて、この[家康ダイレクト]は、ワシが推奨する、安く入れるダイレクト型自動車保険会社を幾つか紹介するカテゴリじゃ。

 

 ワシは今、三井住友海上の自動車保険に加入しておる。これはダイレクト型ではない。三井住友のダイレクト型は、三井住友ダイレクトじゃ。多分。なので、三井住友海上の自動車保険は、きっと、三井住友ダイレクトよりも、大分高い。

 

 てか、本来なら、ワシもダイレクト型自動車保険に加入するつもりだったんじゃ。しかし、新車のルーミーを買った時、担当のディーラーマンがけっこう値引きしてくれたので、そのお礼として、そのディーラーマンが推奨する三井住友海上に加入せざるをえなかったんじゃ。そこは人情っつーやつですかね。

 

 まあ、値段を見て、やっぱり、人を挟む代理店型よりも、人件費をカットしたダイレクト型の方が遥かに安かった記憶がある。

 

 まあ、値段にして、年間、数万円は安くなるかなあ。15000円位かなぁ。とにかくね、少しでも安く契約したい者にとっては、ダイレクト型自動車保険はお薦めですね。

 

 なので、これから、このカテゴリで、ワシが紹介する自動車保険・バイク保険に、必ず、加入せよ。この法治国家で、賠償金の支払いから本当に逃れられると思うているのか?そりゃ、核戦争が起きて全てリセットされれば、そりゃ、賠償金の支払い義務とかもリセットされますよ。そんな記録、全て破壊されているから。

 

 でも、核戦争は今のところ、まだ起きていない。ロシアが起こしそうだけどさ。まあ、そんなことに期待するのではなく、とっとと、一刻も早く、ダイレクト型自動車保険に加入せよ。

 

 もたもたしていると、加入前に事故って、人生終了となるかもしれないぞ。

 

 とにかく、対人・対物賠償以外にも、自分や同乗者へ支払われる保険金もあるのだから、必ず自動車保険・バイク保険には加入しろ!

腕切断

 人間の身体の部位の中で、最も重要なのは、きっと[腕]だ。

 

 昔、外国のネット上で、[両目を失明すること]と[両腕を切断すること]で比較して、どちらが嫌か、という質問が、究極の質問として議題に上がっていた。で、みんな答えに窮したらしい。

 

 確かに目は超重要だ。しかし、たとえ失明しても、行動範囲は狭まるが、日常生活は何とか出来そうだ。トイレットペーパーで尻も拭けるし、トイレットペーパーの在庫の位置さえ把握すれば、自力でトイレットペーパーの交換も可能であろう。慣れればね。

 

 トイレットペーパーはヘルパーさんに買いに行ってもらうことも可能だ。だから、まあ、両目の失明は最悪クラスの結果ではあるものの、う~ん、果たして、両腕を喪失することと比べて、より悪い結果だと、確実に言えるだろうか?

 

 ちなみに、俺の回答は、たとえ両目を失明したとしても、両腕が万全な方が良い。マジで両腕は、それほど重要なのだ。両脚を切断したとしても、義足があるし、車椅子もある。それらが無くても、這って進むことは可能だ。

 

 しかし、マジで両腕が無ければ、本当に詰むかもしれない。昔、たしか[典子は、今]という映画を観た記憶が、うっすらとある。たしか、先天的な障害で両腕が無い人で、器用に両足の指を使って、色々なことをしていたような。

 

 でもね、生まれた時から身体障碍者の人と、人生の途中で両腕を喪失した人とでは、マジで衝撃の度合いが桁違いだからな。

 

 なので、まあ、今ある腕を大切に。そして、肉体を欠損しない為にも、安全運転をしましょう。そして危険な走行をしている奴には、わざわざ近付かないように。フラフラして走行しているボケていそうな老人が運転していそうな車がいたら、距離を取れ。離れろよ。けっして近付くな!

 

 巻き添えを食らわない為にな。